賃貸審査に利用するのにかかる料金

賃貸審査に利用するのにかかる料金

賃貸審査に利用するのにかかる料金 アリバイ会社で賃貸審査を利用するときにかかる料金ですが、これも会社によって異なり先払いになることも多いです。
例えば依頼者が在籍会社を用意して、在籍確認証などを作成する場合だと事前に費用がかかります。
先払いだと審査に落ちても返金されないこともあるため、そのリスクも踏まえておいて返金保証があるところなら少しは安心出来ます。
近年は成功報酬型のアリバイ会社も多く、利用者が満足するサービス提供を完了してから報酬が発生します。
利用する前には登録料として最初に費用がかかり、これも会社や性別で違っていて一般的に男性だと6,000~8,000円くらいで女性は5,000円ほどです。
提供するサービスで金額も違い、在籍確認の電話対応や応答後の電話転送サービスなら契約期間によって設定されていて、書類作成だと源泉徴収票(年収ごと)や給与明細書などの書類ごとに費用が違います。
賃貸審査で利用する場合は、これもあくまで目安ですが家賃の50%~100%ほどです。

アリバイ会社を利用すれば身の潔白を証明できる

アリバイ会社を利用すれば身の潔白を証明できる 妻や親から無職であることを疑われている、不倫をしているのではないかと思われているという方はいませんか。
この時、どうやって身の潔白を証明できるのだろうかと頭を悩まされていたら、アリバイ会社を利用すれば簡単におこなえます。
つまり、疑われていることをおこなっているという前提になりますが、その場合でも自身以外に協力者を募れば疑いを晴らせるというわけです。
アリバイ会社がその協力者であり、所定のお金を支払うだけでどんな内容であってもあなたの味方になってくれるというわけです。
たとえば無職だけど、家族には仕事をしていると伝えてる場合はアリバイ会社がその勤め先になってくれます。
家族が会社に急用があって電話をした場合、対応される方は部下か上司を装うので決して無職であることがバレません。
浮気をしている場合も同様で、副業で帰りが遅くなっていると言っているときでも副業先にアリバイ会社はなってくれるので身の潔白を証明できます。

新着情報

◎2021/2/4

賃貸審査に利用するのにかかる料金
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「アリバイ 証明」
に関連するツイート
Twitter